男の健康と身だしなみブログ

健康と身だしなみアイテム、雑貨を紹介していきます

スポンサーリンク

【プラウドメン フレグランス グリース】べとつかない使用感がいい!グルーミングシトラスの香りで快適ヘアスタイリング!

スポンサーリンク

プラウドメンシリーズ「整髪料」編です。

全部で3種類ある整髪料。

今回はその中でウェット感を醸し出す「フレグランスグリース」を購入してみました。

 

プラウドメン フレグランスグリース購入レビュー

 

ショップで入手しました。

テスターで全3種類の使用感を試せたこともあって、ウェット感とスタイリング力が最も良かったフレグランスグリースをチョイスです。

 

 

見た目はプラウドメン定番のグルーミングバームそのままのロゴ入りボックス仕様。

 

 

 

ベリーショートのヘアスタイルの自分的には、ソフトタイプのフレグランスワックスは柔らかすぎるし、かといってガチガチに固めるのも好きでないので、真ん中を取ってこのタイプを選んだという感じです。

 

 

 

実際に一番人気のようで、箱の減り具合が他のタイプと全く違っていました(笑)

 

 

実際に手に指ですくってみた感覚ですが、べとつき感がまったくなく、肌で伸ばしてもサラリとして「これなら使いやすいかも」と即座に購入を決めました。

 

 

ソフトタイプのフレグランスワックスはホワイトのクリーム状で、手触りこそ柔らかめなものの、短髪を整えるには少し頼りない感じがしましたし、ハードタイプは逆にウェット過ぎて、手触りに少しべとつく感じだったでしょうか。

このフレグランスグリースはそれが非常に少なく、すぐに乾いてべとつかず、さらに髪の毛につけてもすぐに馴染んで、きちんと整髪の仕事をしてくれます。

 

 

 

 

見た目も軽くウェット感を保ってくれて、ベリーショートの髪の毛を適度に潤わせながら、角度を固定できますし、流したい方向があれば指でいじれば問題なく整髪できる柔軟さもgood!です。

 

 

香りはもちろんよく、グルーミングバームでお馴染みのグルーミングシトラスの香りが頭の先から心地よく漂ってきますよ^^

 

まとめ

 

前から試してみたいと思っていたプラウドメン整髪料シリーズ。

今回ようやくその一つを買うことになりました。

3種類ともにそれぞれ良さがあったのですが、レビューにも書いたように、自分の髪の長さや状態に最も合っていたのが、フレグランスグリースを購入した一番の理由です。

逆に通常のヘアスタイルで(ベリーショートではなく)、軽く流す程度にアレンジしたいなら、一番ソフトなフレグランスワックスが適しているでしょう。

 

ハードタイプも、ヘアスタイルに関わらず、しっかりホールドしたい人にお勧め。

レビューでもマットな仕上がりでパリパリにならないと高評価で、ホールド力プラス仕上がり感にも定評があるようですね。

その真ん中のタイプの自分のような人には、それなりにウェット感があって、スタイルのキープ力もあり、「べとつかない」手触りを持ち合わせているフレグランスグリースが最も向いていると思いますね。

最後に香りですが、これが意外に強めなので注意が必要です。

髪の毛につけるために、鼻に香りが近いせいなのか、もともと香りそのものが強めに設定されているのかは分かりませんが、結構強めのグルーミングシトラスフレーバーが漂ってくることは確か^^;

なので、ほかにフレグランスなどをつけている場合は、匂いが倍増するので、少し少なめにつけたほうが無難だと思います。

少量でも強めに香るので、仕事での使用などは、場合によっては避けた方が良いかもしれませんね。

香りそのものは自分の好みなので、あまり気になりませんが、人によっては気になる人がいるかもしれません。

つける量に注意してセットすることをおすすめします。

それ以外は、ウェット感やセット力、アレンジ力、手触りなどは非常に良いと感じたので、プラウドメンシリーズをコレクトしている人には、ぜひとも入手していただきたいアイテムの一つだと思いますよ^^

otokokenkou.hateblo.jp