男の健康と身だしなみブログ

健康と身だしなみアイテム、雑貨を紹介していきます

スポンサーリンク

【ドクターショール】ベルベットスムーズで足の角質除去!水虫菌が潜む角質をツルツルになるまで削るべし!

スポンサーリンク

角質除去レビューです。

足のかかとや指の角質を華麗に削るべく生まれた角質除去マシーンの紹介でもあります。

一見して女性向けの商品と思われる、この角質削り機。

パッケージの足のかかとのツルツルがいかにも気持ちよさそうで、近所のドラッグストアでみるたびに「ええなあ・・」とうっとり見つめていました。

男だって足が綺麗になりたい!!

おっさんの切実な思い・・

いえいえ!

実はそこに実利的な問題が潜んでいたのですよ!

それは「水虫」!

2年前に発症し、半年間に渡る市販薬の塗布の結果、ものの見事に完治に至った経緯があった足の真菌による「カユカユ病」です。

otokokenkou.hateblo.jp

水虫の痒さは、白癬菌などの水虫菌が足の皮膚に侵入したときに白血球(体の防衛部隊)が攻撃することで起こる反応ですが、たまに白血球が見逃すことがあり、痒みを感じないまま、気が付けば足の至る所に水虫菌の跋扈が幅を利かせるという結果に至ることもしばしばだそう。

特に足の角質層は水虫菌の格好の住み家で、足の皮が床に落ちることで他者に水虫が移ってしまう大きな原因になるといわれています。(特に家族間)

otokokenkou.hateblo.jp

足の裏のカサカサや、角質の上の粉が吹いたような皮膚の状態は、水虫菌の存在が濃厚に考えられるそうです。

 

・・・・ん?

角質の上のカサカサ?

粉が吹いたような状態???

私のことじゃないか!!!

 

まさに寝耳に水。

完治したと自分では思い込んでいた状態が、実は水虫の再発がひそかに起こっていたということ。

これはヤバい!!!

ということで、しばらく再び市販薬を購入して様子を見ていたのですが、一月あまり塗布しても角質の変化が見当たらないため、業を煮やして角質そのものを破壊してやるという荒行を決意するに至ったのです。

実際のところは、病院でも行かなければ、自分の足が水虫かそうでないかの見分けはつきません。

ましてや今の自分の足には特段「痒み」はないし、足のカサカサや角質化も、普段よく歩くために起こるただの「疲れ」や「靴擦れ」のようなものであるかもしれないのです。

とはいえ、見た目に美しくないのは確か。

それにもし、これが水虫であったとしたら、かつて死滅させたと考えていた菌が復活の狼煙を上げたとするならば、この角質そのものを消し去らない限りは、今後また出現してしまうではないか!

となりまして、今回の角質除去マシーンの購入に至ったというわけでございます。

すいません、長くなりまして。

ようやくここで本編です。

ではいよいよ!

次のターンで早速、角質除去マシーン「ドクターショール」のご登場と願おうではないですか!!

 

 

ベルベットスムーズの外観レビュー

 

今回購入したのはアマゾンから。

 

 

料金はプライム会員価格で2,369円です。

 

 

近所のドラッグストアで見かけたこと、アマゾンのベストセラー1位を獲得していることで購入を決めました。

 

 

評価レビューでは概ね好評でしたが、多くの人が「音がうるさい」「粉が飛ぶ」というマイナス評価もあり、部屋の中ではなく風呂場とベランダの2バージョンで作業を行うことにしました。

角質を除去するローラー部分には、海洋ミネラルパウダーが入っていて、これが効果的に古い角質をスムーズに除去する働きを持つよう。

 

 

ザラザラしてますね。

エネルギー源は電池で、単三4本をハンドル内部に収納しています。

 

 

起動方法も簡単です。

ハンドルのシルバーリングにある「〇 I」を動かすだけ。

 

スイッチ

 

オン!(ウィーンという音とともに回転し始めました)

 

外観的にはこんな感じです。

では次に実際の私の角質除去シーンを見て頂きましょう。

 

ベルベットスムーズ角質除去レビュー

 

かかと編(風呂場にて)

 

まずは問題の「かかと」の角質除去からいきましょう。

 

 

かかとの部分の角質に粉が吹いたようなカサカサと、ひび割れが出ているのが分かります。

水虫の線が濃厚ですが、そうではないにしても、審美眼的に汚いことは間違いないので、今回の除去作業で一気におさらばを狙いましょう。

 

では早速! 

 

ウィーンという低い音を立ててマシーンは動き出します。

回転するローラー部分を角質の部分に充てると「キュワァーン!」という高い音響に変化し、その音色の「けたたましさ」に驚きました。

Amazonの評価レビューでは「音がうるさい」といわれていましたが、これは確かにうるさいです。

高い音でキュワーン、キュイーン!と狭い風呂場に響き渡るものですから、居間でくつろいでいる家族に文句を言われないかと、ビクビクしながら作業を実行しなければなりません。

皮膚を足のかかとの角質に沿って削ること約10分、およその表面上の角質は除去できたかなと思い、作業を終了。

足を見てみると・・

 

おお!

 

おおおお!

 

汚いおっさんの足が少しばかり「お美しく」なった瞬間ではないでしょうか?

もう一度比べてみましょうか?

 

除去前

 

除去後

 

どうです?

かなりスムージーになったと思いませんか? 

まだまだ仕上げは必要ですが、最初に比べるとツルツル感はずいぶんとマシになったかと思いますね。

ではもう一つの角質部分を削っていきましょう!

 

足の親指(ベランダにて)

 

風呂場に音が結構こだましたので、今度はベランダで作業することにしました。

新聞紙を敷いて、その上に座って角質除去スタートです。

 

 

キュィーンという高いサウンドが風呂場以上にこだまして、これは逆に外で行うのはまずいかもしれんと思いつつ(実際に後で「火災探知機の音かと思った」と家族に注意されました)、できるだけ早めに済ませようと小刻みに削っていくこと約15分。

 

 

粉が派手に指周りに飛び散っているのが分かります。

では比較してみましょう。

 

除去前

 

除去後

 

良い具合に表面がクリーンになっています。

角質がすべて取れたわけではないですが、表面上の汚い感じは少なくとも除去された感じはしますね。

 

ベルベットスムーズの掃除方法

 

除去作業を終了した直後の機器です。

 

 

削れた皮が粉になって機器の周辺にまぶされています。

もし私の角質に水虫菌が潜んでいるとしたら、これらの粉状の角質は確実に菌の媒体になっていますので、これはきちんと掃除しなければなりません。

ということで、説明書どおりにローラーを外します。

 

 

 

ローラーを水洗いしましょう。

 

 

粉まみれの表面が綺麗になりました。

 

 

本体はウェットティッシュで汚れをふき取ります。

 

 

しばらく乾かした後、ローラーを本体につけて付属のカバーを装着して終了。

 

 

以上、掃除方法と仕上げのカバー装着の流れでした。

 

まとめ

 

如何だったでしょうか?

今回はかなり写真が多めでしたが、その分、マシーンの使い勝手の良さと削れ効果の高さが上手く伝えられたかと思います。

あとは私の足の汚さがお目を汚していなければ良いのですが・・・^^;

角質除去後の足(かかと、親指)を水で洗って乾いた後に見てみると、予想以上につるつるとキレイになっていました。

これで私も美脚の仲間入りだわ!

などとは思いませんが(笑)、水虫の潜む可能性がある角質部分を見た目だけも削れただけでも気分は爽快です。

ただ意外とすぐに削れてしまうので、皮膚が弱い部分は気を付けないと逆に傷つけてしませんね。

ゆっくりと慎重に除去作業を行ったほうがベストです。

粉はかなり細かい粒子になって散らばるので、掃除のしやすい場所を選ぶこと、音が想像以上に大きいので(高め)、これもできるだけ騒音が許される場所で行うこと。

気になる部分はこれだけですかね。

角質の除去は文字通りスムーズに行えるので、コスパはかなり高いと思います。

見た目にも、角質に潜む水虫対策としても、かなり使えると実感した一品。

女性にも男性にも、おススメです^^

otokokenkou.hateblo.jp