男の健康と身だしなみブログ

健康と身だしなみアイテム、雑貨を紹介していきます

スポンサーリンク

【レッドブル】世界中で大人気のエナジードリンクは意外に落ち着いた味わいだった!

スポンサーリンク

オーストリアのエナジードリンク紹介です。

ここ数年で急激に有名になった栄養補給系ドリンクですが、その原産地が実はタイであるということを知って、改めて驚きました。

energydrink-jp.redbull.com

もともとはタイで販売されていた栄養ドリンクでしたが、オーストリア人のディートリヒ・マティシッツ氏が国際的な販売権を獲得し、独自のレシピを用いて出来上がったのがレッド・ブルのようです。(レッドブル - Wikipedia

開発の際には日本のリポビタンDを参考にしたようで、こんなところで「ファイトー一発!」が世界のお手本になろうとは思いもよりませんでした(笑)

そんなところで、早速本体のレビューを行っていきましょう。

 

レッドブル実飲レビュー

 

今回レビューの対象になったのは、330ml缶タイプです。

通常の街中でよくみるタイプが250ml缶ですが、個人的に気に入ってるのがこちら。

 

 

ちょっとしたビールの瓶のようで、持ちやすくてキャップもついているので、レッドブルを飲む際にはたいていこのタイプを購入しています。

配合されている栄養分は、

砂糖、ブドウ糖、酸味料、香料、L-アルギニン、カラメル、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

 となってます。

 

 

ではコップに注いでみましょう。

 

 

 

色合いは、日本の栄養ドリンクより抑え気味でしょうか。

以前レビューしたタフマンスーパーと似てますね。

otokokenkou.hateblo.jp

次に味わいのほうです。

オロナミンCのような口当たりと風味ですが、微妙にどこか違います。

もっと押さえぎみの味わいといいますか、栄養成分がそのまま溶けたようなシックな口当たりになっています。

他に蜂蜜や果実などの自然由来の成分が入ってないからか、原材料に表記された栄養素オンリーの口当たりがそう感じさせるのかもしれません。

ブドウ糖の風味が強いような気もしますね。

他に味付け成分が入ってないからでしょうか?

そして思ったより低刺激。

けっこうシックな口当たりです。

ただ炭酸が控えめも関わらず、胃の中がほんのり元気になるような感覚があります。

飲んだ後、少し目が覚めたような感覚になったような気もします。

いや気分的なものかもしれませんが(笑)

全体的に弱炭酸で味付けも落ち着いた雰囲気がありました。

 

 

レッドブルの主要栄養素の紹介

 

レッドブルに配合されている主な栄養素についてです

以下にそれぞれの働きについてまとめてみました。

 

ぶどう糖

・グルコースと呼ばれる単糖類

・人体では小腸で吸収されて後、体内の主要なエネルギー源として使われる

・特に脳のエネルギー源として使用される

 

アルギニン

・成長ホルモンの分泌を促進

・免疫力のアップ

・疲労回復をサポート

・生活習慣病の予防

・美容サポート(美肌)

 

カフェイン

・覚醒作用
・解熱鎮痛作用
・眠気、倦怠感、頭痛への働き

 

ナイアシン

・皮膚や粘膜の健康維持

 

パントテン酸カルシウム

・水溶性ビタミン

・脂質や糖質の代謝で重要な役割

・善玉コレステロールやホルモン、抗体の生成に関係する

 

 ビタミンB6

・皮膚や粘膜の健康維持

 

ビタミンB2

・エネルギーにするなどの代謝を支える重要な働き

・エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になる

・皮ふや粘膜の健康維持

 

ビタミンB12

・赤血球中のヘモグロビン生成を助ける

・悪性の貧血に有効

・脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割

 

全体的には「エネルギー補給、皮膚や粘膜の健康維持、疲労回復、元気の源」という内訳になっていると感じます。

基本的にはエナジードリンクの内容ですね。

飲めば飲むほど強くなる!とまではいきませんが(笑)、疲労を回復する機能は栄養面で持ち合わせていると思いますね。

 

まとめ

 

思ったより控えめな味わいだったレッドブル。

名前の響きとイメージからは、もっと炭酸がバリバリに効いていて、一口飲んだら「グワーッ!!」と痛いぐらいに喉に強刺激が襲って、続けて巨大なゲップが「プッハァーッ!」と胃の中から湧き上がってくる想像をしていましたが、実際はもっと大人しい味わいでした。

レビュー本記でも書きましたが、飲んだ後に胃の中が元気になるような感覚と、目が少しだけ覚めたような気分にもなりましたね。

カフェインの影響でしょうが、国内で販売されている多くのエナジードリンクと同様に、短時間であればそれなりの元気効果があるのではないかと思います。

味わいそのものはそれほど美味しいとはいえず、同じエナジードリンクのモンスターシリーズに一歩譲る感じはあります。

otokokenkou.hateblo.jp

これも好みの問題なので、このへんは飲む人の感覚によるでしょうね。

知名度とデザイン性は抜群なので、デスク周りに置いておくと、なんとなくお洒落になるような気がします。

ほどほどの味わいと、お洒落なイメージが特徴的なエナジードリンクといえるでしょう。

個人的にはボトルタイプがお勧めですよ。

otokokenkou.hateblo.jp

参照サイト

・「グルコース」Wikipedia

・「【エナジードリンク】モンスター カオス実飲レビュー!高麗人参パワーで疲れを吹き飛ばせ!」男の健康と身だしなみレビュー

・「パントテン酸の働きと1日の摂取量」健康長寿ネット